英会話を習得するのに駅前留学は良い方法か

study

英会話を習得する方法の中に、駅前留学と言うものがあります。駅前に多い英会話スクールに通うと言う方法で、通勤や通学の途中で時間を上手に利用して英語を学ぶことができるものとなっており、その多くは外国人講師が少人数やマンツーマンで会話を教えてくれるので非常に上達が早いと考えられています。

しかしこの方法にはいくつかの問題点があることを指摘されています。
1つはいきなりネイティブの外国人と会話をしなければならないことで、そのプレッシャーから誤った英語を覚えてしまうことです。外国人講師は直感的にその発音が誤っていると修正をしてくれるのですが、なぜそれが間違っているかが理解できないことも少なくありません。それよりも修正されることが嫌でだんだん通わなくなってしまうと言うことも多いのです。

もう一つは、あらかじめ予約をして決まった時間に通わなければならないと言う点です。
特にビジネスマンの場合には急な残業やその他の都合により通うことができなくなると言うことも多いため、そのために予約の変更などを行わなければなりません。本人にぜひとも英語を覚えたいと言う気持ちがあればあまり苦にならないことも多いのですが、それでも変更等が多い場合には講師の方に嫌がられてしまうこともあるため注意が必要です。これが積み重なってしまうと心情的になかなか通ことが辛くなってしまい、継続的に学習をすることができません。

英会話を習得にはその他にも様々な方法がありますが、一般的に言葉を覚える際には必要に迫られないと覚えないと言うことが多いものです。駅前留学も周囲が外国人や英語を話さなければならない環境に追いやられると言う面があり、その意味では必要に迫られて英語を話さなければいけない環境を作っていると言えるものですが、逆にその場から離れてしまえば英語を話す機会が非常に少なく、自分の気持ち次第では通わずに済ませてしまうと言うことも少なくありません。これでは英会話を習得するために必要な状況を作ることができないと言う面もあります。
英会話を習得するために効率的な方法は、英語しか話すことができない友達を数多く作ることです。これは駅前留学でもどこでも良いのですが、普段から仲良く付き合うことができる友人を作ることで、日常会話でも英語を使う場面を増やすことが非常に重要なポイントとなっています。逆にその友人も会話をしたいと言う思いが強ければ丁寧に英語を教えてくれる状況ができるので、様々な言葉を覚えることができるメリットがあります。さらにその人の持つ文化的な背景を学ぶことが出来るのも大きなメリットです。