日本人の英語教育の問題点とは何か

school

日本人は古来から英語教育に力を入れてきたのですが、実際に英語を上手に話す人の多くは学校教育ではなく、その他の方法で習得をしている人が多いのが実態です。その理由は日本人の英語の覚え方が実際に利用する場面を想定していないことによるものと考えられています。そしてその多くは、受験勉強や客観的にその学力を評価するための要素と考えられている面が多いためです。

古くから中学校の必修科目となり、また高校受験等ではその学力を評価される対象となっていることから、問題に対して確実な答えが出せるような方法で教えられてきていることが多いのがその主な理由です。しかし実際の英会話では状況に応じた発音や単語の選び方が非常に重要となっているほか、同じ質問に対してもいくつもの答えが生まれる状況を考えると、必ずしもこれが効率的に英会話の能力を習得できる方法とはなっていません。

日本語を覚える際に様々な文法をはじめに学習することは少ないものです。一般的に日本語を子供が覚える場合には親の会話を聞いてその発音や言葉の選び方を直感的に覚えていきます。そのため地方で育った人はその地方独特のなまりがあったり、また発音も微妙に異なってしまうことが少なくありません。英語も同様に、会話の状況において選ばれる単語が異なり、さらに相手に理解をしてもらおうとするために自分の様々な表現力を駆使して会話をすることが多いものです。したがってこれが文法的に誤った表現であっても、前後の状況から嘘の意味が相手に伝わると言うことが多いのです。

日本人が英語を覚える場合にはほとんどのケースで文法を習得することが多くなっています。その理由は客観的に基準を明確にして習得する方が評価しやすいことによります。実際に学校で学んだ会話の方法で外人と話をすると、逆に堅苦しくその意味が伝わらないことも少なくありません。そのため会話を続けると相手から異様に思われてしまうことも多いので注意が必要です。

現在ではその教育の方法も大きく変わっており、特に幼児の頃から日常的に英会話に触れることで直感的な習得をする教育が行われるようになっています。これは言葉を覚えるには非常に良い方法であり、周囲が利用する言葉を耳で実際に聞きながら直感的に覚えていく方法が非常に効果的であると見直されているのです。従来の日本人は大人はこの方法では習得をすることができないと考えていた面がありましたが、最近では大人でもこの方法で習得する人が多くなっているのが実態です。